よくかみ、のみ込むことで健康に

 口腔(こうくう)機能には様々な機能がある。食べる機能の「摂食」と、のみ込む機能の「嚥下(えんげ)」は生存のために不可欠。話す機能も食べる機能と同じぐらい重要だ。食べる機能と話す機能は相互に関連し合っている。

 

 口腔機能は、年齢と共に徐々に機能を獲得し、成人期にほぼ完成に向かっていく。そして高齢期になると、機能が落ちるという一連の流れがある。

 

 ただ、年齢に応じた理想の口腔機能が獲得できない場合がある。なぜか。子どものうちはむし歯。高齢期においては、のみ込む力が落ちることで望ましい食べ方ができない可能性も出てくる。理想と現実のギャップを埋める対策が必要になる。

 

 歯や口腔の病気というと、むし歯や歯周病というイメージがある。だが、口腔機能が低下すると、全身の健康と深く関わるというデータがある。また、食の喜びは大変重要で、生きがいにも関わってくる。

 かむ力が落ちた時、最初に食べづらくなるのが生野菜だ。野菜の摂取量とかむ力には結構関連性がある。

 

 食べ方については、ゆっくりかんで食べることが重要だ。早食いの人は、肥満度を示すBMI(体格指数)が高い傾向に・・・・・・<続きを読む>  [出典]朝日新聞デジタル