肩こりをストレッチ で悩み改善

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

仕事中は、パソコンの前に張り付き、暇さえあればスマートフォンをチェックする――。背中を丸めて画面を凝視していると、目の疲れに始まって、首、肩にじわりと不調が広がっていく。こんな典型的な現代のライフスタイルが原因で、体が凝り固まり、節々の痛みに悩まされる人は少なくない。

 

「痛みをかばって動かさずにいると、血行が悪くなり、体の柔軟性が失われる。意識してほぐす習慣が必要です」。東京医科歯科大整形外科教授で、「痛みとりストレッチ」の著書がある宗田大さんは助言する。

 

例えば、国民の6〜7割が悩んでいるとされる肩こり。2本足で約10キロある頭を支え、両腕がぶら下がっている状態は、首から肩、背中にかけた広範囲を疲れさせ、筋肉の緊張を高める。特に、背中側の肩甲骨周辺には「肩こり筋」と呼ばれる筋肉が複数ある。
そこで宗田さんが勧めるのが、肩をゆっくりと上下させるストレッチだ。

 

力いっぱい両肩を持ち上げた状態を5秒間保った後、肩の力を抜いて、元の位置に戻す。

肩こり筋に働きかけるこの動作を5〜10回、繰り返す。肩を上げて静止している間、息をふうっと大きく吐くと、より効果は高いという。仕事の合間の息抜きとして数時間おきに動かすのがお勧めだ。

 

ストレッチは単調な動作の繰り返し。始めたものの三日坊主という人も多いだろうが、「サボってもいいけれど、やめてしまわないように。小さな積み重ねが、将来、我が身を助けます」と宗田さん。
ストレスにさらされる日々。心と体を緊張から解き放つすべを身につけて、凝りと痛みの悪循環から抜け出したいものだ。

 

[ 出典 ] 2014年9月14日ヨミドクター(読売新聞)による